アニメにおける手の表現について

アニメにおける手の表現について

『涼宮ハルヒの憂鬱』のライブ場面は「手」に注目すると面白い。顔は骨格のないアニメキャラを無理やり動かしたせいで、ありえない位置にほうれい線が浮かぶなどして絵的に崩れているが、「手」はちがう。アニメの「手」は「顔」と比べて、けっこう自由な表現ができる特別なものなのだ。 『フリ......

記事を読む

アニメにおける乳房の表現について

アニメにおける乳房の表現について

『涼宮ハルヒの憂鬱』を見ていて思ったのだけど、アニメで描かれる女性の乳房は、水風船やゴムまりみたいに見える。どれだけうまいアニメーターが描いても、現実にある乳房の魅力とはちがうものが表現されてしまう。これはなぜなのか。 現実にある乳房の魅力を考えてみよう。たとえば大きいJカ......

記事を読む

アニメーションのエロスとタナトスについての補足とまとめ

アニメーションのエロスとタナトスについての補足とまとめ

先日書いた「アニメーションのエロスとタナトス」があちこちでリンクされたようでアクセス数が倍増してます。ところが、わたしが無理やり単純化して書いたために誤解された方がいらっしゃったようなので、ちょっと補足します。 *** 宮崎駿さんは単純に「エロスの演出家だ!」と決めつ......

記事を読む

アニメーションのエロスとタナトス

アニメーションのエロスとタナトス

石ころでも紙に描かれた絵でもなんでもいいんですが、それが動くとまるで生きてるように見えます。簡単な丸の絵をいっぱい描いてパラパラアニメにしてみましょう。そのぶよぶよ動く様子は、まるでミジンコのような原始の生命を感じさせます。 そいつが知能をもって、物語のなかで恋に悩んだり、......

記事を読む

葛飾北斎その2 (2/2)

葛飾北斎その2 (2/2)

(つづき) その疑問は、荒井勉『新訳・北斎伝』で解けた。 飯島虚心は幕府の御家人で、幕府に背いた北斎を描きたくなかったために、異国趣味に関するところや、その晩年の活動を封印していたのだった。柳亭種彦との関係も、のちに英語教師になった弟子の北曜についても黙殺してあるらし......

記事を読む

葛飾北斎その1 (1/2)

葛飾北斎その1 (1/2)

飯島虚心『葛飾北斎伝』と荒井勉『新訳・北斎伝』を読んだ。この二冊はたとえるならイザヤ・ベンダサン『日本人とユダヤ人』と浅見定雄『にせユダヤ人と日本人』である(ここでニヤリとしたあなたはけっこうなお年のはず)。 『葛飾北斎伝』は著者の飯島虚心が明治の人なので、平安古語よりは読......

記事を読む

TOKYO UNDERGROUND

TOKYO UNDERGROUND

東京ジオサイトプロジェクトのトンネルウォークに参加した。日比谷から虎ノ門までの地下40メートル地点にある、長さ1.5キロほどの巨大なトンネル(共同溝)を歩くイベント。 前に畠山直哉さんの『Underground』や、内山英明さんの『JAPAN UNDERGROUND〈2〉』......

記事を読む

歌集:そっと木の実を置き去る妖怪

歌集:そっと木の実を置き去る妖怪

シュール・妖怪の短歌 シャンプーをしている背後ナニモノかいるような気がそっと振りむく おでこにチュ ついでにそっと「さよなら」を骨伝導で告げる恋人 芳一は行方不明のままメモの書かれた左手だけが見つかる 生きたまま腸にとどかず亡くなったビフィズス菌を祀る神社......

記事を読む

宮﨑駿と「触ること」、宮﨑駿的な瞬間とは

宮﨑駿と「触ること」、宮﨑駿的な瞬間とは

ピザを注文したらアニメのプロモーションDVDが付いてきた。まったく思いがけない付録だったが、『ハウルの動く城』と『風の谷のナウシカ』と『天空の城ラピュタ』と『となりのトトロ』などのトレーラーが入っていたので、どれどれと見てみた。 トトロはこうやってぶつ切りの映像で見ると、い......

記事を読む

『しとやかな獣』、『真田風雲録』、『女は女である』

『しとやかな獣』、『真田風雲録』、『女は女である』

急ぎの仕事がない土曜日だ、さあだらしなく生活するぞ、と早起きして近所の映画館ラピュタ阿佐ヶ谷に行く。見たのは川島雄三『しとやかな獣』、加藤泰『真田風雲録』、ジャン・リュック・ゴダール『女は女である』の三本。 『しとやかな獣』は、舞台脚本っぽいセリフの多いブラック・コメディを......

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7