書籍 一覧

珍しい誤植を見つけた――『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』

珍しい誤植を見つけた――『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』

今泉忠明『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』を読んでいたら珍しい誤植を見つけた。 こういう派手な誤植はいままでに見たことがなかった。ちょっとうれしいので、とりあえず、 報   告   し   て   み   た   。 この『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』は......

記事を読む

世阿弥『風姿花伝』(6/6)

世阿弥『風姿花伝』(6/6)

読み終わったところで『花鏡』についてあれこれ調べていたら、押井守監督の映画『イノセンス』の話題が目に入った。あれは世阿弥の引用だったらしい。しかもクライマックスのいいところで使われている。たぶん、人形とはなにか、ひるがえって、アニメとはなにか、という問いかけになっている。 生死......

記事を読む

世阿弥『風姿花伝』(5/6)

世阿弥『風姿花伝』(5/6)

『風姿花伝』には「この藝において、大方、七歳をもて初めとす」とあり、能楽は七歳ごろに学び、教わりはじめるらしい。 能楽は家のものに芸を伝える「一代一人の相傳」だが、この七歳くらいの時期は学習に都合のいい時期なのだろう。よく「七歳までは神のうち」と言われたりもする。子供を育て......

記事を読む

世阿弥『風姿花伝』(4/6)

世阿弥『風姿花伝』(4/6)

『風姿花伝』の「花」ということばから生まれる象徴性を駆使して芸道を語る手さばきは、掛詞や縁語を使って独特な世界をかたちづくる能楽師の才能がよく表れていると思う。詩的である上に、実にプラクティカルな能楽のハウトゥでもある。 *** 物学(ものまね)で「物狂」をまねるとき......

記事を読む

世阿弥『風姿花伝』(3/6)

世阿弥『風姿花伝』(3/6)

わたしは大まかに世阿弥の一生を知っているので、『風姿花伝』を読みながらたびたび「あれ?」と思った。「花」の意味が「能楽師の花」と「見物人の花」のふたつに分かれているじゃないか、と。 能楽は、芸を極めた先の「芸術」なのか。それとも見物人が楽しむための「商品」なのか。世阿弥の論......

記事を読む

世阿弥『風姿花伝』(2/6)

世阿弥『風姿花伝』(2/6)

世阿弥『風姿花伝』では、物学(ものまね)を究めることよりも、もっと重要なことが「年々去來の花を忘るべからず」だと説く。これはもう達人の領域である。世阿弥の父の観阿弥は『自然居士』を舞ったときすでに老人であったのに、見物人には16歳の若者が舞っているように見えた、というエピソードと......

記事を読む

世阿弥『風姿花伝』(1/6)

世阿弥『風姿花伝』(1/6)

世阿弥『風姿花伝』を読んだ。詳しい解説はその筋の方にまかせて、わたしは気になったことをずらずらと書いてみる。 *** 気になった部分を二点ほど上げる。 まずは一点目。能楽はからだを使ったパフォーマンスと音なので、記録やかたちに残らない。世阿弥の生きた室町時代には......

記事を読む

葛飾北斎その2 (2/2)

葛飾北斎その2 (2/2)

(つづき) その疑問は、荒井勉『新訳・北斎伝』で解けた。 飯島虚心は幕府の御家人で、幕府に背いた北斎を描きたくなかったために、異国趣味に関するところや、その晩年の活動を封印していたのだった。柳亭種彦との関係も、のちに英語教師になった弟子の北曜についても黙殺してあるらし......

記事を読む

葛飾北斎その1 (1/2)

葛飾北斎その1 (1/2)

飯島虚心『葛飾北斎伝』と荒井勉『新訳・北斎伝』を読んだ。この二冊はたとえるならイザヤ・ベンダサン『日本人とユダヤ人』と浅見定雄『にせユダヤ人と日本人』である(ここでニヤリとしたあなたはけっこうなお年のはず)。 『葛飾北斎伝』は著者の飯島虚心が明治の人なので、平安古語よりは読......

記事を読む

『とりかへばや、男と女』と『日出処の天子』

『とりかへばや、男と女』と『日出処の天子』

河合隼雄『とりかへばや、男と女』を読んでいる。この本は『とりかへばや物語』という古典をもとに「男女の境界」とか「社会的枠組み」、「愛と美」や「エロス」などについて考えていく内容。面白い。 ユングのアニマ・アニムス論、元型という考え方、初期のユングが混同していた元型と元型イメ......

記事を読む

スポンサーリンク