いつか虹の向こうに

虹は何色だろうか? もちろん七色。岩波の辞典にもそう載っている。

ところが、イギリスやアメリカには六色と言う人が多くいる。ドイツ人は五色と言う。トルコ人にいたっては無限にあると言いはるのだそうだ。そんなことが本に書いてあった。じゃあ実際は何色なんだろう。

虹は、波長の長い赤からだんだんと短い紫までつづく、切れ目のない帯になっている。だから「特定の色で区切れず、何色とは言えない」が正解だ。五色、七色というのは、それぞれの国とか文化によって勝手に決められていることらしい。でもそれなら、虹の絵を七色で描いたら、日本でしか通用しないことになる。

要らぬ誤解をまねくかもしれないので、かけ橋に形は似ていても、国交友好のための絵では選びにくい題材だろう。自分で判断した色数にするか、グラデーションで描くか、虹を描かないか、しかない。

もしそうなったら、わたしは108色で虹を描きたい。そして子供には、

「虹は七色いうけどな、ほんまは108色や。人の煩悩とおなじ数なんや」

なんて、うそぶいてみたい。虹の向こうに人の業。そんなオーバー・ザ・レインボウ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存