珍しい誤植を見つけた――『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』

今泉忠明『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』を読んでいたら珍しい誤植を見つけた。

gsk

こういう派手な誤植はいままでに見たことがなかった。ちょっとうれしいので、とりあえず、

報   告   し   て   み   た   。

この『カラス狂騒曲―行動と生態の不思議』はたくさんの研究書をもとに、カラスの種類、行動、身体、生活、人間との関係を手際よくまとめた一冊。1988年に出版された唐沢孝一さんの名著『カラスはどれほど賢いか』より研究は進んでいて、とても楽しく読んだ。

参考文献にwebページが挙げられていたのでリンクしておく。

カラス研究室

44902052954122042194

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存